注目の研究

微生物の酵素を模倣した新しい触媒系で人工光合成に成功

筑波大学 数理物質科学研究科化学専攻 塚越 悠人(博士前期課程2年)と数理物質系化学域 小島 隆彦教授らは、国立研究開発法人産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター 洪 達超研究員と共同で、第一遷移金属であるニッケルと硫黄を含む配位子からなる錯体を触媒として用いた新しいCO2の光還元系を開発し、プロトンの還元による水素発生をほとんど伴わず、選択的にCO2をCOに還元することを実現しました。

光エネルギーを化学エネルギーへと変換する人工光合成システムの実現は、深刻化する環境・エネルギー問題の解決や持続可能な社会の構築に向けた喫緊の重要課題として注目されています。本研究チームは、自然界に存在する酵素の活性中心をモデル化したニッケル錯体を触媒に用いて、高効率かつ高選択的にCO2からCOへ光触媒的に変換することに成功しました。