注目の研究

アイドルのミッション ~作詞家の思想の消化と普及~(2017.3)

アイドルのミッション ~作詞家の思想の消化と普及~

2017/03/09

筑波大学 人文社会系 平山朝治教授は、1970年代はじめに、マルクス主義的革命運動の退潮とともに登場したアイドルの経済思想としての意義に新たな視点から迫った論考を発表しました。阿久悠、松本隆、山川啓介ら作詞家が当時の女性アイドル歌手に提供した詩が、アイドル本人や同世代ファンの人間としての成長に大きな影響を与えたとする考察をまとめたものです。

PDF資料

  • プレスリリース