注目の研究

位相制御したテラヘルツ波により、トンネル電子を ナノ空間で自在に制御することに成功 〜ナノスケールの超高速トランジスタの実証〜(2016.11)

2016/11/08

横浜国立大学大学院工学研究院・武田淳教授のグループと筑波大学数理物質系・重川秀実教授グループの研究チームは、位相制御した単一サイクルのテラヘルツ波を走査トンネル顕微鏡(STM)の探針・グラファイト試料間の1ナノメートルのギャップに照射することにより、250フェムト秒という極短時間に数万〜数10万個の電子を自在に探針・試料間で行き来させることに成功しました。これは、超高速で動作する1ナノメートルの極小トランジスタを実現したことに対応します。この成果は、次世代量子ナノデバイス、プラズモニックデバイスの進展に大きく貢献するものです。

 

 

図 位相制御テラヘルツSTMの模式図とトンネル電子制御のイメージ図

DOI

doi.org/10.1038/nphoton.2016.205

PDF資料

  • プレスリリース