注目の研究

交尾刺激が卵子の幹細胞増殖を促進する ~卵子を作り出す過程を制御する新しい神経内分泌メカニズムの発見~(2016.06)

2016/06/17

筑波大学生命環境系 丹羽隆介准教授と同生命環境科学研究科 天久朝恒大学院生(日本学術振興会特別研究員)は、メスの生殖幹細胞の増殖を制御する新しいメカニズムをキイロショウジョウバエで発見しました。
本研究では、卵子を作り出すために必要な生殖幹細胞は、交尾によってその増殖が促進されることを、モデル動物であるキイロショウジョウバエで発見しました。さらに、交尾後のメス生殖幹細胞の増殖には、オスの精液に含まれる「性ペプチド」と呼ばれる成分がメスに受容されること、そしてその後に起こる卵巣内でのステロイドホルモンの生合成が必要であることを示しました。生殖幹細胞の増殖の制御に、交尾刺激およびそれを伝達する神経内分泌システムが関与することを示す初めての成果です。

 

図 交尾によって送り込まれた精液中の性ペプチドが、性ペプチド受容体を発現するメスの神経で受容された後、その下流で卵巣でのエクジステロイド生合成が促進されます。交尾依存的なエクジステロイド生合成は生殖幹細胞の増殖に必須の役割を持ちます。本研究によって、行動—神経—内分泌—幹細胞をつなぐ新しいメカニズムが明らかとなりました。

PDF資料